このページの先頭へ

居住環境

快適な通勤、暮らしのしやすさが、ワークライフバランスを実現。

春夏秋冬の節目がはっきりしてすごしやすく、豊かな自然環境に恵まれています。
そんな風土に育まれながら青森の人は活き活きと力強く暮らしています。都会と比べて通勤時間の短さ、生活コストの低さに加え、子育て環境・医療サービスの充実、全国一の温泉数などライフステージに対応した暮らしやすさにより、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実現し、企業の生産性を高めています。

通勤時間

関東圏と比べ半分の通勤時間がゆとりある生活を後押しします。

青森市 21.7
●関東 44.9分 ●中京 27.5分 ●近畿 35.0分

[資料]総務省「平成25年度住宅・土地統計調査 家計を主に支える者の通勤時間」(中位数)

都市別通勤時間比較

30分未満の通勤時間の割合 75.1
●関東 33.1% ●中京 54.5% ●近畿 43.3%

[資料]総務省「平成25年度住宅・土地統計調査 家計を主に支える者の通勤時間」

公共交通機関

路線バス、鉄道網が市内をくまなくネットワークしており、円滑な通勤環境にあります。

市営・市民バス

人口カバー率 約96
人口の96%が路線バスの利用圏に住んでいます。

201系統959便
バス停数888箇所

都市内鉄道

5路線(青森駅発着)147便
鉄道駅(18駅)

1ヶ月当たりの家賃

青森市40,782
●東京都 78,552円 ●愛知県 51,634円 ●大阪府 54,349円

家賃0円を含まない借家総数 [資料]総務省「平成25年住宅・土地統計調査」

青森県の物価指数全国物価地域指数(2007年)

総合96.8
●東京108.5

住居89.4
●東京146.7

食糧96.4
●東京106.4

保健医療96.4
●東京100.6

[資料]総務省「全国物価統計調査」

都市公園等の整備状況

青森市15.3
●東京都 7.3㎡ ●大阪府 5.6㎡ ●愛知県 7.9㎡

一人当たりの公園面積比較 [資料]国土交通省「都市公園データベース」

公衆浴場数

人口10万人当たりの公衆浴場数が24.3箇所でダントツ全国1位。

青森県24.3箇所

[資料]統計で見る都道府県のすがた2017

温泉数

青森市53箇所

[資料]温泉使用の公衆浴場・旅館数 青森市保健所調査

青森市の医療施設(平成30年3月1日現在)

病院20施設

一般診療所186施設

歯科診療所139施設
※歯科併設病院含む

[資料]東北厚生局「保険医療機関・保険薬局の管内指定状況等一覧」

県内全域をカバーし救命救急医療体制の充実を図るドクターヘリ

青森市の待機児童数・保育所等数
(平成29年12月1日現在)

安心して子育てできる環境があります。

待機児童数0

保育所等101箇所

子ども医療費の助成

中学生までの医療費

青森市無料

刑法犯認知件数

全国5番目の少なさ。

青森県3.9
(全国平均7.8件)

[資料]「平成29年警察白書」より調整

食料自給率

青森県124
(全国平均39%)

[資料]農林水産省「平成27年度都道府県別食料自給率」

MENU